Topics

違う種類を何本か持っていると便利

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
18-01

「普段着の洋服選びが苦手」「コーディネートがわからない」という方は、まずは基本のアイテムから揃えてみましょう。メンズファッションの定番と言われるものは、実はそんなにたくさんあるものではありません。

トップスならば、Tシャツ、カジュアルシャツ、ポロシャツ、セーターが基本。ボトムスならば、ジーンズ、チノパン、ハーフパンツ、カーゴなどが定番。

ジーンズはダメージ加工の有無やシルエットによって、印象が大きく変わりますので、違う種類を何本か持っていると便利です。そのほか、靴だったらスニーカー・革靴・ブーツ、アウターならウールジャケット・ライダースジャケット・コートなど、定番のアイテムから揃えてみましょう。

その中で、Tシャツならば長袖・半袖、ラウンドネック・Vネックがあり、シャツならばボタンダウンやチェック、ラガーシャツなど、細かく分類ができます。ダメージ加工のあるジーンズやハーフパンツはカジュアルに作りやすく、ノンウォッシュタイプの濃紅色のジーンズやチノパンなどはキレイめにまとめやすくなります。

基本的には、襟のあるシャツやポロシャツはキレイめファッションになりやすく、柄物や襟のないものはよりカジュアルになります。

関連記事